ウイルス作成容疑、初の摘発 大阪府警が男送検

2012/1/26付
保存
共有
印刷
その他

コンピューターウイルスを知人のパソコンに送りつけたとして、大阪府警サイバー犯罪対策室などは26日までに、不正指令電磁的記録供用容疑で同府松原市天美南2、無職、小林浩忠容疑者(28)を逮捕した。小林容疑者は「ウイルスを作成し、サーバーにアップした」と供述、同室は同作成容疑も加えて送検した。

不正指令電磁的記録作成罪は「ウイルス作成罪」と呼ばれ、サイバー犯罪防止のため昨年7月の改正刑法で新設された。同室によると、同容疑での摘発は全国で初めてという。

逮捕容疑は昨年9月、知人男性のパソコンにウイルスをメールで送付した疑い。

同室によると、小林容疑者は知人とアニメ関連サイトの運営を巡り、訴訟になっていた。ウイルスには同サイトに「さっさとブログを閉鎖しろ。さもなくば両親を殺して家を燃やす」などと書き込むプログラムが仕組まれており、知人が書き込んだように見せ掛けていたという。

昨年9月、小林容疑者が「サイト閉鎖を強要する書き込みがあった」と府警に相談。捜査で知人のパソコンを解析した結果、知人がパソコンで脅迫文を書き込んだ形跡はなく、小林容疑者によるウイルス作成などが判明したという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]