大正製薬、田辺三菱製の末梢循環改善剤を自主回収へ

2011/1/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

田辺三菱製薬子会社が注射薬の品質検査の一部をしていなかったとされる問題で、大正製薬は26日、注射薬の末梢(まっしょう)循環改善剤「パルクス注」を自主回収する方針を固めた。同薬剤は田辺三菱子会社が製造し、大正の子会社が販売している。

パルクスは大正と旧ミドリ十字(現・田辺三菱)が共同開発し、1988年に発売した。田辺三菱は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]