/

後遺症に慰謝料支払いを検討 白斑問題でカネボウ

カネボウ化粧品は26日、美白化粧品により肌がまだらに白くなる「白斑」問題で、発症者の一部に後遺症慰謝料相当の補償を支払うことを検討すると発表した。対象は長期にわたって回復傾向が見られない発症者。補償額は裁判基準・労災基準に基づく金額になる見込み。

今後、発症者への個別訪問を通じて回復状況や症状を確認し、改めて支払時期や補償額について案内するとしている。

同社は今月、治療の長期化が想定される場合には回復前に精神的慰謝料の一部支払いと休業補償を清算する用意があることを症状が比較的重い約4千人に伝えていた。

白斑の発症者数は5月31日時点で1万8909人。うち現時点で7144人が完治およびほぼ回復しているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン