2018年12月17日(月)

パソコン遠隔操作事件、情報提供者に報奨金 警察庁検討

2012/11/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パソコン遠隔操作事件について、警察庁が事件解決に結び付く情報提供者に公的懸賞金を出す「捜査特別報奨金」の対象とする方向で検討を始めていることが26日、警察当局への取材で分かった。警察庁の要綱では報奨金の対象を、殺人など「被害者の生命・身体に重大な損害を及ぼした犯罪」などと規定している。

現行では遠隔操作事件を対象とするのは難しく、同庁は要綱の改正などを検討しているという。

警察庁によると、26日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報