/

この記事は会員限定です

パソコン遠隔操作事件、情報提供者に報奨金 警察庁検討

[有料会員限定]

パソコン遠隔操作事件について、警察庁が事件解決に結び付く情報提供者に公的懸賞金を出す「捜査特別報奨金」の対象とする方向で検討を始めていることが26日、警察当局への取材で分かった。警察庁の要綱では報奨金の対象を、殺人など「被害者の生命・身体に重大な損害を及ぼした犯罪」などと規定している。

現行では遠隔操作事件を対象とするのは難しく、同庁は要綱の改正などを検討しているという。

警察庁によると、26日現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン