/

支援者から8900万円詐取容疑 小杉元文相の妻ら逮捕

小杉隆・元文相(74)の支援者から約8900万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は26日、妻の敬子容疑者(73)=東京都目黒区=と、元私設秘書の新沼拓郎容疑者(63)=住所不定=を詐欺容疑で逮捕した。同課によると、2人は容疑を否認しているという。

逮捕容疑は2005年9月、小杉元文相の支援者で目黒区の会社社長の男性(65)に対し「もうかる投資話がある。1億円用立ててもらえれば、1.5倍から2倍になる。金は1カ月で返す」などとうそを言い、4回にわたり計8900万円をだまし取った疑い。

同課によると、当時敬子容疑者は目黒区内に新築した自宅の建築工事代金の支払いに窮していたという。敬子容疑者は06年に東京地裁に自己破産を申請。負債は約14億円に上っていた。

小杉元文相は東京都議を経て1980年の衆院選旧東京3区で初当選。8期務め、96~97年には第2次橋本内閣の文部大臣を務めた。昨年8月の衆院選には立候補せず政界を引退した。引退表明の際、妻の自己破産とは無関係と説明していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン