2019年4月19日(金)

福島沖の地震、津波起きやすい「アウターライズ型」
気象庁が見解

2013/10/26付
保存
共有
印刷
その他

気象庁は26日未明のM7.1の地震が東日本大震災の余震で、海溝の外側が震源の「アウターライズ地震」との見解を示した。東日本大震災のようなプレート境界型地震の後、プレートにかかる力が変化することで起きやすく、陸地の揺れは比較的小さいが、地盤が上下方向にずれるため津波が発生しやすいとされる。

土井恵治・地震予知情報課長は今回の地震を、東西に引っ張り合う力で地盤が上下にずれる正断層型と説明。さらに日本海溝の外側(アウター)で、引っ張られたプレートが引きちぎれて起きるアウターライズ地震とみられると述べた。

土井課長は東日本大震災の余震について「今後もまれにM7規模の発生があるだろう。津波を伴う地震に引き続き注意してほしい」と話した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報