/

鎌倉・稲村ケ崎で幻のサーフィン大会 大波待ち24年ぶり開催

大波のときだけ開催され、"幻の大会"として知られるサーフィン大会「稲村サーフィンクラシック」が26日午前、神奈川県鎌倉市の稲村ケ崎海岸で24年ぶりに開かれた。風が強く、大波が繰り返し押し寄せる好条件の中、午前8時に競技開始。国内トップレベルのプロ選手ら約40人がビッグウエーブの上を滑り抜けると、ファンから歓声が上がった。

日本サーフィン界の草分けとして知られる長沼一仁さん(63)が「大きな波だからこそできるレベルの高い大会を」と1981年に前身の大会を初めて開催。台風シーズンに開催を計画してきたが、89年の第3回大会以来、「約3メートルの大波」などとする開催条件を満たさず中止が続いていた。

今回は日本列島に接近する台風20号の影響で「久しぶりにいい波が来た」(長沼さん)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン