/

富士山マラソン、渋滞で5000人出走できず

山梨県富士河口湖町で25日に開かれた第1回富士山マラソンで、約5千人のランナーがスタートに間に合わず、参加できなかったことが26日、分かった。事務局は「会場周辺が車で混み合い、交通渋滞していたため」と説明している。

事務局によると、約2万3千人がエントリーしていたが、当日出走できたのは約1万8千人だった。参加できなかったランナーには参加費を返還する。

富士山マラソンは、昨年まで続けられていた「河口湖日刊スポーツマラソン」の名称とコースをリニューアルして開かれた大会。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン