/

消費者庁、原発事故による食品の風評被害対策

消費者庁は26日、東京電力福島第1原子力発電所事故による食品の風評被害対策をまとめた。放射性物質のリスクを消費者に理解してもらうため、正しい知識を持つ専門家を「コミュニケーター」として全国で2千人養成。子育て世代向けのミニ集会などで説明役を務める。

森雅子消費者担当相は26日の閣議後の記者会見で「風評被害は目に見えず難しい問題だが、情報を隠さず伝えることで解決していきたい」と述べた。

コミュニケーターは、管理栄養士や保健師、保育士、食品・流通業界や消費者団体関係者らを想定し、全国で研修する。地域で数人~十数人規模の説明会や意見交換会を開き、食品に含まれる放射性物質の基準値や検査態勢などを伝え、誤った認識による買い控えなどの風評被害を防ぐ。

被災地では、外部被曝(ひばく)や農産物の自家消費など、地域のニーズに沿ったきめ細かい説明を工夫。必要な資料やDVDなどは消費者庁が無償提供する。

このほか、首都圏を中心に大規模なシンポジウムも計8回開催する。

同庁は関連経費として今年度予算に4700万円を盛り込んでいる。

消費者庁は1月、庁内に対策チームを設置。消費者や被災地の生産者、流通業者らから聞き取り調査した結果、風評被害をなくす取り組みの強化が必要と判断した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン