弁護士殺害、審理差し戻し 仙台高裁秋田支部

2012/9/25付
保存
共有
印刷
その他

秋田市で2010年11月に弁護士、津谷裕貴さん(当時55)を刺殺したとして、殺人罪などに問われた無職、菅原勝男被告(68)の控訴審判決で、仙台高裁秋田支部(卯木誠裁判長)は25日、懲役30年の一審秋田地裁の裁判員裁判判決を破棄、審理を地裁に差し戻した。

被告が拳銃の引き金を引いた行為について「殺意を否定しているのに、争点としないまま重要事実を認定した」とし、一審は事実認定に法令手続き違反があったと判断した。

卯木裁判長は、被告が津谷さんに向けて拳銃の引き金を2回引いたが操作を誤り、弾が発射されなかった行為を検討。

秋田地裁は「極めて危険。量刑判断の重要な要素」と認め、殺害行為の一部と評価した。被告は引き金を引いたことは認めたが殺意を否定しており、卯木裁判長は、重要事実と認定するには争点にする必要があったと指摘した。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]