7.5カラットダイヤ公売 国税庁、過去最高の入札4080万円から

2012/10/26付
保存
共有
印刷
その他

国税庁は26日までに、11月に実施するインターネット公売に、東京国税局が税金滞納者から差し押さえた7.5カラットのダイヤモンドを出品すると発表した。最低入札価格は4080万円で、国税庁が設定した中では過去最高額という。

ダイヤモンドは直径約1.3センチ。鑑定した中央宝石研究所(東京)によると、カラーは無色を意味する「D」、透明度を示すクラリティは内部に傷がない「IF」で、「非常に質が高く、このレベルのものはほとんど流通していない」という。

国税庁の過去のネット公売では、2008年に高級外車ベントレーが約1325万円で落札されたのが最高で、今回は大きく上回ることが予想される。東京国税局は11月5日に下見会を予定。オークションは同月22~26日に実施する。参加するには同12日までに申し込み手続きが必要としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]