2019年1月19日(土)

マダニ感染症、全国に分布 草木の多い場所は注意を

2014/2/25付
保存
共有
印刷
その他

マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」のウイルスが、これまで患者の報告例がある西日本だけでなく、北海道や東北、関東も含む計23道府県で採取されたマダニからも見つかったことが25日、厚生労働省研究班の調査で分かった。

厚労省は「全国に広く分布していると考えられる。草や木の多い場所に入る際は肌を出さないよう注意してほしい」と呼び掛けている。

研究班が26道府県で植物やシカに付着したマダニを調べたところ、これまでに患者報告例がある9県のほか、北海道、岩手、宮城、栃木、群馬、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、三重、滋賀、京都、和歌山の14道府県でウイルスが確認された。

またシカの血液を調べたところ、患者報告例のない宮城、長野、静岡、三重、滋賀、京都、和歌山、福岡の8府県でもウイルスの感染歴を示す抗体が確認された。

SFTSはウイルスを持つマダニにかまれることで感染し、発熱や嘔吐(おうと)、下痢などを発症。白血球や血小板の減少もあり、重症化すると死亡することもある。これまでに近畿、中国、四国、九州など西日本の13県で53人の患者が報告され、うち21人が死亡している。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報