/

福島県、全農家に作業中断を要請 国に補償求める方針

福島県は25日、福島第1原子力発電所の事故による放射性物質の拡散を受け、県内全域の農家に農作業を中断・延期することを要請したと発表した。JAなど農業団体を通じて通知した。これまでは国が一部の農畜産物の出荷停止を指示していたが、県は広範囲に影響が広がっていると判断し、県独自に対策を強化した。農家への補償などは国に求める方針だ。

県は種まきや畑を耕す作業をしないよう求めたほか、稲作も様子を見るよう求めた。摂取や出荷を差し控えるよう指示されている野菜は収穫物を焼却せず、1カ所に集めて保管するよう要請。収穫していないものは放置するよう求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン