2018年11月18日(日)

「嫌がらせ受けた」と供述 マツダ工場殺傷容疑者

2010/6/26付
保存
共有
印刷
その他

広島・マツダ工場の無差別殺傷事件で、殺人未遂などの疑いで逮捕された元期間従業員、引寺利明容疑者(42)が、マツダで働いていた3~4月に「ロッカーから物を盗まれた」と供述していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。

4月上旬には「嫌がらせを受けている」と自宅から110番し、警官が出動する騒ぎがあったことも新たに判明した。

マツダは事件の当初、「トラブルはなかった」と説明。広島県警の捜査本部は供述の真偽や事実関係について、慎重に調べている。

捜査関係者によると、4月9日午後8時すぎ、「家の中で物の配置が変わっている。何回も同じ嫌がらせを受けている」と男性の声で通報があった。

広島市安佐南区のアパートに駆け付けた警官に、引寺容疑者は「お金を取られた」「盗聴器を仕掛けられている」などと訴えたが、具体的な被害は確認されなかった。このほかに通報や相談はなかったとしている。同じころ、周囲には「眠れない」と漏らしていた。

捜査本部によると、死傷した12人の大半は歩道ではねられ、車が反対車線の歩道に突っ込んだケースもあった。捜査本部は25日、宇品工場(広島市南区)の東正門周辺で、車が侵入した午前7時半すぎに合わせて聞き込み捜査。引寺容疑者の乗用車の検証も続けた。

事件で亡くなった浜田博志さん(39)の告別式は広島市で同日営まれ、会社の同僚や遺族らが最後の別れを惜しんだ。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報