都知事選、車使わず音量控えめ 震災配慮で自粛ムード

2011/3/26付
保存
共有
印刷
その他

4月10日投開票の東京都知事選で、各候補者は東日本大震災と、その影響に配慮して「自粛」ムードの選挙戦を展開している。電気やガソリンの使用を抑え、マイクのボリュームも控えめ。自主規制の広がりに有権者からは賛否両論の声が上がる。

東京都知事選の立候補者
谷山雄二朗38映画監督無新
古川 圭吾41会社役員無新
渡辺 美樹51元ワタミ会長無新
石原慎太郎78知事無現
ドクター・中松82発明家無新
マック赤坂62団体役員諸新
東国原英夫53元宮崎県知事無新
小池  晃50元参院議員無新
[共]
姫治けんじ59建物管理業諸新
雄上  統69僧侶諸新
杉田  健43政治団体代表諸新
(注)掲載は届け出順。年齢は投票日時点。「元」は前・元職。[ ]内の政党名は推薦。

「歩いて一人ひとりと向き合う」。前ワタミ会長、渡辺美樹候補(51)は25日、名前を書いたたすきをかけて東京・銀座の街を練り歩き、有権者と握手したり、写真撮影に応じたりした。渡辺候補は「ガソリン不足のなか、車から名前を連呼する方法はとらない」と話す。

前宮崎県知事、東国原英夫候補(53)は自転車やランニングで都内を回る戦術をとる。選対幹部は「ガソリン節約のほか、『現場で動ける知事』という姿をアピールできる」と狙いを説明。宣伝カーは急きょ液化石油ガス(LPG)で走る車を手配した。

現職、石原慎太郎候補(78)の陣営はビルの1、2階に事務所を借りたが、スタッフをなるべく1階に集め、2階の照明やエアコンを切る。支援者の集まりも節電や交通機関の乱れを考慮し当面控える。「活動範囲は狭まるが、今の社会状況では仕方ない」(選対幹部)

銀座を練り歩き、有権者に支持を求める都知事選立候補者(25日)=一部画像処理しています

銀座を練り歩き、有権者に支持を求める都知事選立候補者(25日)=一部画像処理しています

前参院議員、小池晃候補(50)=共産推薦=は街頭演説でマイクの音量を絞り、近場は地下鉄などで移動。選対幹部は「効率は悪いが、1カ所ごとに丁寧に訴える」。ただ「次の都政4年を決める選挙。自粛しすぎるのは逆に不誠実」とし、宣伝カーは活用する。

発明家、ドクター・中松候補(82)は「燃費の良い宣伝カーを使っている」としている。

有権者の受け止めは一様でない。世田谷区の会社社長(48)は「都民が節電するなか、候補者も自らの姿勢を示すためにある程度の自粛をするのは当然」。一方で港区の無職女性(77)は「私自身は節電しているが、大事な選挙なので目いっぱい訴えてほしい」と話している。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]