/

8月も猛暑、雨少ない見通し 気象庁が3カ月予報

気象庁は25日、8~10月の3カ月予報を発表した。8月は西日本(近畿~九州)を中心に全国的に猛暑が続き、降水量も少ない見通し。残暑も厳しく、同庁は体調管理に引き続き注意を呼びかけている。

8月の気温は西日本で高温、北日本(北海道、東北)と東日本(関東甲信、北陸、東海)で高温傾向。9月も全国的に高温傾向となり、10月はやや高温傾向になる。

日本付近の偏西風が平年より弱い影響で、太平洋高気圧が列島に張り出し、8月は晴れの日が多い。ただ2010年のような記録的な猛暑になる可能性は低いという。

夏らしい好天に恵まれることから、8月は沖縄・奄美を除いて少雨傾向となる。湿った空気の影響は受けにくく、7月のように局所的に短時間で大雨が降る日は少なくなりそうだ。

一方、9月になると南から湿った空気が入り込み、やや多雨傾向になる。10月の降水量は平年並み。沖縄・奄美は3カ月を通してやや多雨傾向としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン