/

札幌のマンションで40代姉妹が孤立死

札幌市白石区のマンションで女性2人の遺体が見つかり、北海道警は25日、40代の無職の姉妹と確認した。姉が病死した後、知的障害があった妹が自力で生活できずに凍死したとみられる。道は高齢者や障害者の見守り体制の強化に乗り出す。

道警によると、姉妹は佐野湖未枝(こずえ)さん(42)と恵さん(40)。マンションの管理会社から連絡が取れないとの通報を受け、白石署員が20日に遺体を見つけた。司法解剖の結果、湖未枝さんは先月下旬~1月初旬に病死、恵さんは1月初旬~中旬に凍死していた。

姉妹は恵さんの月7万円程度の障害者年金で暮らしていて、料金滞納のためガスは昨年11月末に止められたままだった。

白石区役所によると、湖未枝さんは約3年前から度々、生活保護や恵さんの介護について相談に訪れたが、支援の申請はしなかった。担当者は「自活の意思があり、自宅訪問など生活への干渉はできなかった」と話す。

道内では今月、釧路市のアパートでも凍死した高齢の夫婦が見つかった。相次ぐ孤立死を受けて道は近く、札幌市を除く道内の市町村に対し、医療機関や社会福祉協議会などと協力し、高齢者や障害者の見守りを強化するよう通知する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン