/

福島第1の80キロ圏、線量2年で半減 規制委マップ

原子力規制委員会は、東京電力福島第1原子力発電所事故の影響について、2年半(30カ月)が経過した今年9月下旬時点での半径80キロ圏の放射線量マップを公表した。事故7カ月後と比べて放射線量は47%減少しており、2年間で半減した。

規制委事務局の原子力規制庁によると、放射性物質の半減期から推定される減少率は34%で、降雨などの影響が加わったのが半減の理由という。

除染の効果は、測定した地域の多くが森林で除染されていないため、今回の分析では明確に表れていないという。

事故1カ月後のマップでは年間追加被曝(ひばく)線量100ミリシーベルトに相当する毎時19マイクロシーベルトを超える地域が原発の北西30キロ超まで広がっていたが、大幅に縮小。茨城県北部までまだらに広がっていた毎時0.5~1マイクロシーベルトの地域もおおむね30キロ圏まで縮小した。

規制庁は放射線検出器を載せたヘリコプターで高度約300メートルから地上のガンマ線を測定して分析しマップを作成。測定は8月下旬から1カ月かけて実施し、データは9月28日時点にそろえた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません