2018年12月19日(水)

日本の教員、勤務時間が最長 OECDが中学調査
13年、週53.9時間

2014/6/25付
保存
共有
印刷
その他

日本の教員の平均勤務時間は週53.9時間と34カ国・地域で最も長かった

日本の教員の平均勤務時間は週53.9時間と34カ国・地域で最も長かった

経済協力開発機構(OECD)は25日、2013年に34カ国・地域を対象に中学校レベルの教員の勤務環境を調べた「国際教員指導環境調査」(TALIS)の結果を公表した。日本の教員に占める女性の割合は39.0%で平均(68%)を大きく下回り、参加国・地域で最低だった。女性校長の割合も6.0%で最も低かった。

政府は2020年までに校長・教頭に占める女性の割合を30%にする目標を掲げているが、「業務の多忙さを理由に校長を敬遠する傾向がある」(文部科学省)という。調査は08年に続き2回目で、日本が参加するのは初めて。全国192校の教員が質問紙に答えた。

日本の教員の平均勤務時間は週53.9時間となり、参加国・地域中最も長く、平均(38.3時間)の1.4倍だった。内訳をみると「指導(授業)に使った時間」は17.7時間で平均(19.3時間)より短いが、部活動などの「課外活動の指導」が長かった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報