/

講談社側、二審も敗訴 グリコ・森永事件巡る記事

「週刊現代」の記事でグリコ・森永事件の犯人扱いされ、名誉を傷つけられたとして、作家の黒川博行さんらが発行元の講談社などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(難波孝一裁判長)は25日、名誉毀損やプライバシー侵害を認めて計583万円の支払いを命じた一審・東京地裁判決を支持、講談社側の控訴を棄却した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません