2017年11月20日(月)

ヘリ墜落5人死亡 埼玉・秩父、山岳で救助活動中に

2010/7/26付
保存
共有
印刷
その他

 25日午前11時10分ごろ、埼玉県秩父市大滝の山中で、山岳遭難者を救助中の県防災ヘリコプター「あらかわ1」が墜落した。県警によると、乗っていた機長、松本章さん(54)、副操縦士、西川真一さん(32)、県防災航空隊員の中込良昌さん(42)と戸張憲一さん(32)、秩父消防本部隊員、大沢敦さん(33)の5人が死亡した。

沢に墜落した埼玉県の防災ヘリコプター「あらかわ1号」(25日、埼玉県秩父市)=共同

沢に墜落した埼玉県の防災ヘリコプター「あらかわ1号」(25日、埼玉県秩父市)=共同

 ヘリは県が本田航空(同県川島町)に運航を委託。沢登り中に滝つぼに落ちた女性(55)を救助するため、7人が乗って上空でホバリングし、ロープで消防隊員ら2人を地上に降ろした後に墜落した。2人は無事で、うち1人が手の指に軽い打撲。県によると、2人は「着地と同時に異常な音がして、機体が落ちるのが見えた」と話した。

 運輸安全委員会は調査官3人を現地に派遣し、墜落の状況や原因を詳しく調べる。

 県警や県によると、墜落場所は山梨県境に近い国道140号雁坂トンネルの南3~4キロで、標高約1100メートルの急峻(きゅうしゅん)な沢付近。

 ヘリは5人が搭乗して川島町の県防災航空センターを離陸した後、いったん現場近くの公園に降りて秩父消防本部の隊員2人を乗せ、救助に向かった。

 女性が滝つぼに落ちたのは24日午後4時ごろ。同行者は携帯電話が通じなかったため、山頂に移動して25日午前8時半ごろ、110番した。女性は事故後の25日夜、死亡が確認された。

 本田航空などによると、機長の松本さんは勤続20年以上のベテランで、総飛行時間は5254時間。防災ヘリの機長としても14年の経験があった。

 ヘリは2006年5月に配備されたフランス・ユーロコプター社のAS365。主回転翼部分を含め全長約14メートル、座席数13、最大速度は時速約290キロ。県によると、配備以降の飛行時間は1273時間で、7月12~14日に100時間ごとの点検が行われたが、異常は見つからなかった。

 熊谷地方気象台によると、事故当時の秩父市周辺は大雨や雷などの注意報が出ていたが、目立った雨や風は観測されていなかった。〔共同〕

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報