/

「ジェル」状洗剤の誤飲事故25件 P&G製品、発売2カ月半

家庭用品の大手メーカー「プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)」(神戸市東灘区)が4月に発売した液体入りパック型洗剤を、子供や高齢者が誤って飲み込む事故が発売から2カ月半で25件相次いでいることが25日、日本中毒情報センター(茨城県つくば市)への取材で分かった。

同センターによると、強い吐き気などの健康被害が報告されており、「子供の手に届かない場所で保管するなど、使用には十分注意してほしい」と呼び掛けている。

被害が報告されたのは衣料用洗剤「アリエール」と「ボールド」のうち、洗濯1回分の量が入った「ジェルボール」と呼ばれる製品。縦約4センチ、横約3センチ、高さ約2.5センチで甘い香りがする。緑や赤の液体洗剤が透明フィルムで包まれ、弾力性があってゼリーのように見える。

これまでに「3歳男児が飲みこみせき込んだ」「1歳女児が口に入れてしまい、水を飲ませたら大量に吐いた」などの被害が報告されている。

P&Gの広報担当者は「形状の変更は考えていないが、事故が起きたことを重く受け止める。誤飲を防ぐ呼び掛けを徹底したい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン