/

この記事は会員限定です

東大教授、研究費など数千万円詐取か 東京地検が捜査

[有料会員限定]

東京大政策ビジョン研究センターに所属する男性教授(55)が、架空の研究費などを請求し、東大などから数千万円を不正に得ていたことが25日、複数の関係者の話で分かった。東京地検特捜部も同様の経緯を把握、詐欺の疑いもあるとみて、大学関係者から事情を聴くなど捜査を進めているもようだ。

東大によると、男性教授は他の大学教授と共同で、在宅医療へのIT(情報技術)の活用に関する研究などを実施していた。

関係者の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン