/

リズの花嫁ドレス、英で競売へ 最初の結婚式で着用

【ロンドン=共同】「リズ」の愛称で知られ、2011年に死去した女優エリザベス・テーラーさんが人生初の結婚式で身に着けたウエディングドレスが競売に掛けられることになった。競売大手クリスティーズが24日、発表した。競売は6月26日にロンドンで行われる。

テーラーさんは生涯で8回結婚したが、ドレスは1950年に行われた最初の結婚式で着用された。「ハリウッド黄金期」の華やかさを象徴する品として、同社は落札価格を3万~5万ポンド(約460万~約760万円)と予想している。

最初の結婚相手は世界的なホテルチェーン、ヒルトン創業者コンラッド・ヒルトン氏の息子で、式は多くの招待客を招いて盛大に行われたという。テーラーさんは当時18歳で、既に女優としての地位を確立していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン