26日にかけ「最強クラス」寒波 大雪・猛吹雪に警戒

2013/1/25付
保存
共有
印刷
その他

日本列島は25日、強い冬型の気圧配置となり、北日本(北海道、東北)の日本海側や北陸で風雪が強く、荒れ模様となった。気象庁は西日本(近畿、中四国、九州)も含め、日本海側の地域を中心に26日にかけて大雪や猛吹雪に警戒するよう呼び掛けた。

同庁によると、北日本の上空約5千メートルに氷点下42度以下という「今冬で最強クラス」の寒気が入り、26日朝までの24時間に北海道で80センチ、北陸は90センチの降雪が予想される。強い冬型の気圧配置は29日ごろまで続くという。

25日朝までの24時間降雪量は、山形県西川町43センチ、長野県木曽町28センチなど。最大瞬間風速は新潟市西蒲区で28.2メートルを観測した。

北海道と北陸以外の26日朝までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で東北70センチ、近畿北部50センチ。26日夜にかけてさらに増える所がある見込み。

26日にかけて予想される最大風速は、北海道25メートル(最大瞬間風速35メートル)、北陸23メートル(同35メートル)、東北22メートル(同35メートル)で、海上はしけるという。大気の状態も不安定で、竜巻などの突風や落雷にも注意が必要だ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]