/

日本学術会議「理研は早急に行動を」 STAP問題

日本学術会議は25日、STAP細胞論文問題で理化学研究所に対し、研究不正の再発抑止のため外部有識者でつくる理研改革委員会がまとめた提言書に沿って、実効性ある計画を策定し早急に実行するよう求める声明を発表した。

改革委は、小保方晴子研究ユニットリーダーが所属する理研発生・再生科学総合研究センターの解体的出直しなどを求めた。学術会議の大西隆会長は「解体的なのか解体なのかということを含めて、理研の見解を早急にまとめる必要がある」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン