2018年10月20日(土)

東京都知事選、2月9日投開票に決定 都選管
1月23日告示

2013/12/25付
保存
共有
印刷
その他

東京都選挙管理委員会は25日午前、定例委員会を開き、猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選挙の日程を来年1月23日告示、2月9日投開票とすることを正式に決めた。

都は25日、新知事就任までの間、重要施策を副知事3人などによる「政策会議」の場で決めることを明らかにした。同会議は週1回行う。

公職選挙法では都議会議長が選管に知事の辞職を通知してから50日以内に選挙を開くことを規定。猪瀬氏の辞職に伴う通知は24日に行われた。選管は年末年始の休みを挟むなど選挙の準備期間が短いことなどを考慮し、期間内の最後の日曜日となる2月9日を選定した。

知事の職務を代行する安藤立美副知事は25日午前9時半からの局長級幹部を集めた庁議で、「新年度予算の編成や五輪組織委の立ち上げなどやらなければならない仕事が目白押しだ。職員一人一人が気を引き締めてほしい」と話した。

庁議では、来年度の新予算編成を従来通りのスケジュールで行うことや、重要施策の決定を副知事や教育長などが集まる政策会議で決めることを確認した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報