/

この記事は会員限定です

発達障害の学生、大学が手助け

[有料会員限定]

知的能力には問題ないものの他人とのコミュニケーションが苦手な発達障害の学生の支援に大学が取り組み始めた。発達障害の学生は大学進学率の上昇とともに急増しているが、対人関係がうまく築けずに不登校や中退に追い込まれるケースもある。専門の相談窓口を設けたり、教職員に障害の特性を学ばせたりと大学側はきめ細かい対応を心がけている。

東京大は昨年10月、発達障害やその疑いがある学生のための専門相談窓口「コミュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン