/

米アカデミー賞、無声映画が候補作に 被災地の短編記録作品も

米映画芸術科学アカデミーは24日、第84回アカデミー賞の候補を発表した。作品賞には1920年代のハリウッドを舞台にしたモノクロのサイレント映画「アーティスト」や、ジョージ・クルーニーさん主演の「ファミリー・ツリー」など9作品がノミネートされた。

配給会社によると、サイレント映画が作品賞にノミネートされるのは、第2回(29年)以来、83年ぶりという。

短編ドキュメンタリー部門では、東日本大震災の被災地を舞台にした「津波そして桜」(ルーシー・ウォーカー監督)がノミネートされた。

発表・授賞式は2月26日(日本時間27日)にロサンゼルスで行われる。(ロサンゼルス=共同)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン