朝鮮総連本部の落札代金、宗教法人の支払い難航

2013/4/25付
保存
共有
印刷
その他

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地、建物を競売で落札した宗教法人最福寺(鹿児島市)の池口恵観法主(76)が24日、東京都内で講演し、金融機関から融資を断られたため、代金約45億円を支払うめどが立っていないことを明らかにした。期限の5月10日までに納付できなければ、最福寺の落札資格は取り消され、競売手続きは仕切り直しとなる。

池口氏は講演で「どの金融機関も融資に応じなくなった」などと説明。「どうしてもかなわなければ、仏様が『待て』と言ってらっしゃるのだと思いあきらめるが、最後の最後まで努力する」と話した。

池口氏は3月下旬の記者会見で、神奈川県藤沢市の寺を担保に金融機関の融資を受け、落札代金の支払いに充てると表明。国の許可があれば、移転先が決まるまで総連に建物を貸し出すこともあり得るとの認識を示していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]