/

この記事は会員限定です

巨大トンネルや複雑JCTに興奮 「首都高萌え」増殖

ガイド本やツアー人気、新観光スポットに

[有料会員限定]

幾重にも高架橋が重なるジャンクション(JCT)、都心の地下を走る巨大トンネル――。首都高速道路を観光スポットとして見直す動きが高まっている。半世紀をかけて都市の隙間を縫うように構築された総延長約300キロの首都圏の大動脈は見どころが盛りだくさん。見学ツアーは人気を集め、ガイド本も相次ぎ出版されている。

「1つだけ橋脚が赤いのは近くの神社の鳥居をイメージしたそうです」。首都高速道路会社(東京・千代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン