/

「あずきバー」は井村屋の商標 知財高裁認める

主力商品の棒アイス「あずきバー」の商標登録を認めなかった特許庁の審決を不服として、井村屋グループ(津市)が取り消しを求めた訴訟の判決で、知的財産高裁(土肥章大裁判長)は24日、「高い知名度があり、同社の商品と認識できる」として請求を認めた。

同社は2010年、商標登録を出願したが特許庁は「一般的に使われる名称」と退けた。土肥裁判長は(1)1972年から全国で販売され、10年度の販売本数は2億5800万本(2)全国で宣伝されている――と認定。「同社の商品を意味するものとして広く使用されている」と判断した。

商標法は「原材料や形状などのみで表示された商標」の登録を認めないとする一方、どの会社の商品か認識できる場合は登録を認めている。

井村屋グループは「長年育ててきた商品の実績が認められ、有り難い判決」としている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン