/

中間貯蔵施設汚染土の輸送計画、来年夏までに策定

東京電力福島第1原発事故で出た汚染土壌などを一時保管する中間貯蔵施設を巡り、環境省は24日、仮置き場からの輸送方法を議論する検討会の初会合を開いた。道路の整備状況や交通量などをもとに、輸送計画を来年夏までにまとめる。

同省は福島県内の除染で2200万立方メートルの汚染土などが発生すると試算。中間貯蔵施設は2015年1月に稼働予定だが、汚染土を10トンダンプなどで運搬すると3年間で終えるのに1日1500~2000台が必要になる。交通事故防止や周辺住民の被曝(ひばく)対策も求められる。

環境省は同県と双葉、大熊、楢葉各町に中間貯蔵施設建設の受け入れを要請している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン