/

iPS細胞から脳神経細胞、難病のサルで機能 京大と理研

京都大学の高橋淳准教授らと理化学研究所は24日、ヒトの新型万能細胞(iPS細胞)から作った神経細胞をパーキンソン病のサルに移植し、細胞が機能するのを確認したと発表した。半年たっても細胞は働き、サルは生存していた。1匹だけの実験結果だが、再生医療による治療の研究に役立つ成果とみており、頭数を増やして安全性や効果を確かめる計画だ。

パーキンソン病は脳内の神経伝達物質ドーパミンを出す神経細胞が減り、体のこわばりや手足の震えなどが起こる難病。根本的に治す方法はなく、iPS細胞を使った治療法の研究に期待が集まっている。

研究チームはヒトのiPS細胞からドーパミンを放出する神経細胞を作製。カニクイザルに移植して観察したところ、半年経過後も細胞は生きておりドーパミンを放出していることを確認した。

ただ移植したカニクイザルは1匹だけのため、まだ治療効果は評価できないとしている。患者の治療へ向けた研究を進めるには実験を重ね、慎重に効果を見極める必要があるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン