2017年11月21日(火)

種牛49頭の殺処分明言、口蹄疫問題で農水副大臣
「ウイルスまき散らす」恐れ強調

2010/5/25 0:19 (2010/5/25 4:00更新)
保存
共有
印刷
その他

宮崎県庁で口蹄疫緊急対策会議に臨む東国原英夫知事(上)と、農水省で記者会見する山田正彦農水副大臣=24日午後

宮崎県庁で口蹄疫緊急対策会議に臨む東国原英夫知事(上)と、農水省で記者会見する山田正彦農水副大臣=24日午後

 山田正彦農林水産副大臣は24日の記者会見で、宮崎県が経過観察にするよう要望していた49頭の種牛について、家畜伝染病予防法に沿って殺処分する方針を明言した。処分されれば種牛は主力級の5頭だけになることから、回避を求めていた地元には落胆も広がった。

 政府の現地対策本部長を務める山田副大臣は会見に先立ち、鳩山由紀夫首相や赤松広隆農相などと会談。種牛49頭について農相は「ただちに殺処分だ。法律に従ってやるしかない」と語り、殺処分の方針を確認したという。宮崎牛ブランドを守るため例外措置を求める県に対し、口蹄疫(こうていえき)の封じ込めを優先させた形だ。

 記者会見で山田副大臣は「49頭が今でも生き残っていて、ウイルスをまき散らす(恐れがある)のは許せない」と述べた。宮崎県産牛の種牛は49頭のほか、主力級の6頭がいたが、6頭のうち1頭は感染の疑いが判明し、殺処分された。

 宮崎県川南町など4町の半径10キロ圏内のすべての牛豚へのワクチン接種に関しては「25日中に、ほぼ大まかなところは終わらせたい」と説明。農家への財政支援など一連の対策による予算額は500億円規模に達するとの見通しを示した。

 一方、宮崎県の東国原英夫知事は24日、記者団に「畜産業界の思いを守ってもらいたい」と語り、引き続き49頭の経過観察を求める考えを示した。同日までに都城市の畜産農家から種牛保護を求める6200人分の署名が届いたという。知事は「県外からも(保護の)要望がきている」として種牛の重要性を訴えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ




[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報