/

青森の性犯罪、刑確定へ 裁判員裁判で初審理

性犯罪を初めて審理した裁判員裁判で強盗強姦罪などに問われた無職、田嶋靖広被告(23)の上告審で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は24日までに、上告を棄却する決定をした。懲役15年とした一、二審判決が確定する。

一、二審判決によると、田嶋被告は2006年7月と09年1月、青森県十和田市で女性2人に性的な暴行を加え、現金を奪うなどした。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン