縄文晩期のクワガタ、ほぼ完全な形で出土 奈良・秋津遺跡

2011/5/25付
保存
共有
印刷
その他

奈良県御所市の秋津遺跡で、縄文時代晩期(約2500~2800年前)のノコギリクワガタがほぼ完全な形で出土したと同県立橿原考古学研究所が24日、発表した。虫の死骸はバラバラになりやすく、石化していない大型昆虫が完全な形のまま見つかるのは極めてまれ。同研究所は「当時の環境を復元する上で貴重な資料」としている。

出土した死骸は全長6.4センチ。現在のノコギリクワガタと外形上の違いはないという。爪先が鋭く、体毛が残存しており、羽化して間もなかったとみられる。

周辺は当時、クヌギなどの雑木林。クワガタの死骸は、川の跡の岸辺にあったアカガシの根元で見つかった。死後すぐに泥に埋没し、水分が十分供給されるなど様々な条件が重なり、良好な状態で残ったとみられる。

同研究所は「DNA解析による現生種との比較など、様々な研究の資料に活用できる」と期待している。25日~6月12日、同研究所付属博物館で展示する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]