/

谷川健一氏が死去 民俗学者・文化功労者

共同

「谷川民俗学」と呼ばれる独自の視点による研究を確立し、在野で活動した民俗学者で、文化功労者の谷川健一(たにがわ・けんいち)氏が死去したことが24日、分かった。92歳だった。

熊本県水俣市生まれ。東京大文学部を卒業後、平凡社に入社。1963年創刊の雑誌「太陽」の初代編集長を務めた。退社後、執筆活動を開始、民俗学者の柳田国男から大きな影響を受けた。日本人の死生観を踏まえた独自の考察は「谷川民俗学」と呼ばれた。各地を自らの足で回り、特に奄美諸島や沖縄の南島文化について考察した。

詩人の故谷川雁氏、東洋史学者の故道雄氏は弟。自身も66年に「最後の攘夷党」で直木賞候補になるなど作家としての創作も旺盛だった。短歌や詩も数多く発表した。

81年に川崎市に日本地名研究所を設立し、伝統的地名の消滅を批判。92年、「南島文学発生論」で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。2007年文化功労者。

08年5月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン