/

文化勲章受章者・功労者の略歴と業績

文化勲章受章者と文化功労者の略歴と業績は以下の通り。(敬称略)

【文化勲章】

岩崎俊一(いわさき・しゅんいち)東北工業大理事長。磁気記録方式の高密度化を進め、メタルテープを発明。垂直磁気記録方式も実現した。

高倉健(たかくら・けん、本名小田剛一=おだ・ごういち)俳優。寡黙で剛直、ユーモアもたたえた個性で多くの映画に主演した。

高木聖鶴(たかぎ・せいかく、本名高木郁太=たかぎ・いくた)書家。かなと漢字が互いに美を保つ独自の書風を展開させた。

中西進(なかにし・すすむ)富山県立高志の国文学館長。万葉集の研究を精力的に進め、「中西万葉学」と呼称される総合性を生み出した。

本庶佑(ほんじょ・たすく)京大客員教授。分子免疫学研究の幕開けとその後の研究展開に先導的な役割を果たした。

【文化功労者】

上村淳之(うえむら・あつし、本名上村淳=うえむら・あつし)日本画家。日本画と西洋画の相違点を花鳥画に見いだし独自の画風を確立した。

岡野弘彦(おかの・ひろひこ)歌人。民俗的土俗的な世界を主題とする独自の作風を熟成させ、短歌界の発展に寄与した。

山勢松韻(やませ・しょういん、本名木原司都子=きはら・しづこ)箏曲演奏家。人間国宝として、山田流箏曲の卓越した演奏。

久保田淳(くぼた・じゅん)東大名誉教授。和歌文学や中世文学を中心に、作品本文の厳密な文献批判の上に立脚した注釈的な研究。

榊佳之(さかき・よしゆき)豊橋技術科学大学長。分子生物学的手法をヒトや霊長類に適用し、遺伝子構造と機能解析に優れた業績。

堤剛(つつみ・つよし)チェロ奏者。世界各地でソロ・リサイタルやオーケストラとの共演など目覚ましい演奏活動を展開した。

中井久夫(なかい・ひさお)神戸大名誉教授。精神医学の研究と実践に尽力しつつ、詩の翻訳やエッセーなどの多面的分野で活動。

広川信隆(ひろかわ・のぶたか)東大特任教授。画期的な急速凍結電顕法を開発し、細胞生物学の新たな地平を切り開いた。

槙文彦(まき・ふみひこ)建築家。モダニズム建築の中核的存在で、洗練された端正な幾何学的空間を特色とする大規模な公共建築を数多く手掛けた。

舛岡富士雄(ますおか・ふじお)東北大名誉教授。フラッシュメモリーを発明し、世界の半導体産業の発展につながる成果を挙げた。

松沢哲郎(まつざわ・てつろう)京大教授。チンパンジー研究を通じ、人間の認識や行動の進化的起源に数多くの知見を生み出した。

柳田敏雄(やなぎだ・としお)大阪大特任教授。筋肉の収縮メカニズムを解明するなど、生物システムの動作原理の解明に尽力した。

山岸俊男(やまぎし・としお)北海道大名誉教授。社会問題の根底にある「社会的ジレンマ」の研究などで、優れた業績を挙げた。

吉川忠夫(よしかわ・ただお)京大名誉教授。中国知識人の精神史のありようを克明に照らし出し、中国の研究動向にも影響を与えた。

吉増剛造(よします・ごうぞう)詩人。時代に沿った言語表現と多彩な表記方法を駆使した作風を確立。現代詩のスケールを広げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン