/

「噴飯もの」誤用半数近く 文化庁の12年度国語調査

文化庁は24日、2012年度の「国語に関する世論調査」の結果を公表した。

誤用が目立つ慣用句の意味を選択式で5つ出題したところ、「噴飯もの」「流れに棹(さお)さす」「役不足」「気が置けない」の4つで、本来の意味ではない回答が本来の使い方を上回る結果となった。「噴飯もの」では本来の意味の「おかしくてたまらないこと」(20%)を「腹立たしくて仕方ないこと」(49%)が倍以上上回った。

「ふだん手書きで文字を書くか」という設問では、「はがきや手紙などの本文」を手書きする人の割合は64%で8年前の調査を11ポイント下回った。「報告書やリポートなどの文章」では手書き派が30%にとどまり、前回調査より16ポイント減った。パソコンや携帯電話の普及に伴い、文章を手書きする機会が減少していることを裏付けた。

対面コミュニケーションに関する質問では、「自分の言いたいことが相手に伝わらなかった」経験がある人と、「人の言いたいことを理解できなかった」経験がある人の割合がともに6割を超えた。原因については、若い世代ほど「自分に問題がある」との回答が目立ち、対話に自信がない傾向がみられた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン