/

企業内弁護士も増加 規制緩和でリスク対応強化

企業が雇用する弁護士も増えている。日本組織内弁護士協会(JILA)によると、2013年6月時点で965人が企業で働いており、10年前の03年(89人)と比べて10倍以上に増えた。

当初は外資系金融機関が大半を占めたが、最近は総合商社やメーカーなど弁護士を抱える企業も多様化している。

JILAは企業内弁護士が増えた要因の一つとして規制緩和を挙げ「官庁に事前に相談していた企業が、自らが法的リスクの判断を求められるようになり、法務部門を強化する企業が増えた」と指摘する。

司法制度改革も企業内弁護士の拡大を後押しした。弁護士人口は13年4月時点で約3万3千人で03年の約1.7倍。就職難とされる若手弁護士を採用する企業も多い。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン