業過致死容疑で遺族が被害届 東京女子医大の男児死亡

2014/5/24付
保存
共有
印刷
その他

東京女子医大病院(東京・新宿)で2月、手術を受けた男児(当時2)が子供への使用が禁じられた鎮静剤を投与されて死亡した事故で、遺族は24日、関与した医師らに業務上過失致死や医師法違反などの疑いがあるとして、警視庁に被害届を提出した。

遺族によると、男児は2月18日に…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]