/

この記事は会員限定です

東電前会長ら聴取 東京地検、原発事故対応で

(更新) [有料会員限定]

東京電力福島第1原発事故を巡り、東京地検など検察当局は24日までに、福島県の被災者らから業務上過失致死傷などの容疑で告訴・告発されている東電の勝俣恒久前会長(72)や清水正孝元社長(68)ら当時の経営陣から任意で事情を聴いたもようだ。

事故防止に向けた当時の安全管理体制や事故直後の対応などについて詳しい説明を求めたとみられる。検察当局は聴取内容や収集済みの資料などを分析し、今春にも立件の可否を判...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン