2019年2月18日(月)

法務省、検事2人を戒告 特捜部の捜査資料改ざんで

2010/12/24付
保存
共有
印刷
その他

大阪地検特捜部による捜査資料改ざん・隠蔽事件で、法務省は24日、事件当時に大阪地検公判部長だった谷岡賀美・大阪高検検事(54)と、郵便料金不正事件の捜査を担当した国井弘樹・法務総合研究所教官(35)の2人を国家公務員法上の戒告の懲戒処分にすると発表した。

一連の事件では、元主任検事の前田恒彦元検事(43)=証拠隠滅罪で起訴=ら計9人が処分を受けている。

谷岡検事の処分理由は、フロッピーディスクの改ざんの疑いを把握したのに被告側に告知するなどの適正な措置を講じなかったことや、前田元検事を公判に立ち会わせたこと。

国井検事は郵便不正事件で容疑者を取り調べた際に、机を数回たたくなどしたが、当時の特捜部副部長らの聞き取り調査で、その事実を報告しなかった。国井検事は前田元検事から改ざんを伝えられたが、上司への報告が遅れたとしてすでに減給の懲戒処分も受けていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報