2019年2月19日(火)

トンネルで爆発3人搬送、作業員4人取り残しか 新潟

2012/5/24付
保存
共有
印刷
その他

24日午前10時40分ごろ、新潟県南魚沼市欠之上の高規格道路のトンネル内で爆発事故が起きたと119番があった。南魚沼市消防本部によると、現場にいた作業員のうち3人を病院に運んだ。3人はけがの程度は不明だが、意識があるという。

4人がトンネル内に残っているという情報があり、正午すぎに救急隊員と工事関係者がトンネル内へ救助に向かった。爆発物の種類が分からないため、ガスを検知しながら進んだ。

現場は南魚沼市と十日町市を結ぶ国道253号の八箇峠のトンネルで、長さ2.8キロ。新潟県警によると、トンネルの入り口から約1.2キロの地点で爆発が起きた。

国土交通省北陸地方整備局によると、トンネル付近の道路工事のため、冬の間にトンネル内に仮置きしていた資材を運び出そうとした際、事故が起きたとの情報がある。

工事を請け負った大手ゼネコン佐藤工業(東京)の広報担当によると、同社は南魚沼工区を単独受注し、工期は2009年9月から今年12月までの予定だった。

新潟県警は午前11時半、警備本部を設置した。

休暇を取ってトンネル付近の山中を歩いていた南魚沼市消防本部の30代の消防隊員は「ものすごい爆音を聞いた」と話しているという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報