2019年1月16日(水)

東北で記録的大雨 秋田新幹線が運転見合わせ

2011/6/24付
保存
共有
印刷
その他

梅雨前線の活発化で、東北や北陸は24日も引き続き大雨となり、東北では記録的な雨量となった。気象庁は、東日本大震災の被災地などでは土砂災害や河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

JR秋田支社によると、県内などの雨量計で規制値を超えたため、秋田新幹線は秋田―盛岡の上下線とも24日中の運転を見合わせる。秋田県では秋田、由利本荘両市が避難勧告を出したほか、由利本荘市では土砂崩れや河川の氾濫などの被害が出た。強風により一時、4市の約700世帯で停電した。

24時間雨量は岩手、秋田、山形、新潟各県で200ミリを超え、秋田、山形両県では観測史上最多、岩手県では6月として最多となった地点がある。1時間雨量も秋田市の大正寺で43.0ミリ、山形県酒田市の上草津39.5ミリ、岩手県西和賀町38.5ミリなどが6月観測史上最多。

気象庁によると、朝鮮半島から東北にかけて停滞している前線に、南から暖かく湿った空気が流れ込み活動が活発になっている。前線は今後南下する見込み。

25日朝までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で、東北の日本海側と北陸200ミリ、東海150ミリ、甲信120ミリ、東北の太平洋側80ミリ。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報