/

白斑被害、広島でも提訴 4人がカネボウに賠償請求

カネボウ化粧品の美白化粧品を使い、肌がまだらに白くなる白斑症状を発症して精神的苦痛を受けたとして、広島県に住む40~50代の女性4人が24日、同社に計約1億3000万円の損害賠償を求め、広島地裁に提訴した。1人当たりの請求額は慰謝料や治療費など約2500万~約4300万円。

訴状によると、4人はメラニンの生成を抑える美白成分「ロドデノール」が配合された化粧水や乳液などを使用。2011~13年、顔や手などに白斑が発症し、外出時など常に周囲の目を気にして生活せざるを得ず、精神的苦痛を受けたと主張している。

使用中止後も白斑が残り、完治は難しいとの医師の診断があるが、カネボウ化粧品は後遺症を否定しているという。

美白化粧品による白斑問題を巡っては、東京、静岡両地裁に、同様の損害賠償を求める訴訟が起こされている。

カネボウ化粧品によると、3月31日時点で全国の約1万5千人が被害を訴え、約4千人が完治したという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン