/

信金立てこもり、首相のテレビ出演要求 逮捕容疑切り替え

愛知県豊川市の豊川信用金庫蔵子支店立てこもり事件で、監禁の疑いで現行犯逮捕された長久保浩二容疑者(32)が野田佳彦首相をテレビに出演させることを警察官に要求していたことが分かった。県警は24日、長久保容疑者の逮捕容疑を監禁から人質強要処罰法違反と銃刀法違反の疑いに切り替えて送検した。動機や事件を起こした経緯を調べている。

送検容疑は22日午後2時20分ごろから23日午前3時すぎまで同支店で支店次長や客の女性ら5人を監禁して人質にし、警察官に対し、「野田首相をテレビ出演させろ」などと要求。サバイバルナイフを正当な理由なく携帯した疑い。

長久保容疑者はこれまで「野田首相の退陣が目的だった」などと供述。県警は同支店を狙った詳しい動機や事件までの足取りを調べている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン