/

固定資産税など過大徴収で返還 柏市

千葉県柏市は23日、2006年度~12年度に市民744人から、マンションの固定資産税と都市計画税計約5783万円を過大に徴収していたと発表した。利息分を加えて返還する。

市によると、06年度に評価替えした際に入力を間違えた。今年4月市民から評価額の問い合わせがありミスが発覚した。

張ケ谷米蔵資産税課長は「チェック体制を強化し、再発防止を徹底したい」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン