/

東北電、全電源喪失想定し東通原発で訓練

東北電力は24日、東通原発(青森県)で災害対策訓練を実施した。訓練は宮城県沖を震源とするマグニチュード(M)9.0の巨大地震が発生、津波で非常用ディーゼル発電機も運転不能になり全電源を喪失した事態を想定した。

日本原燃や東京電力、Jパワー(電源開発)など青森県内に稼働、建設中の原子力関連施設がある東北電以外の4社が初めて参加。訓練は各社から応援要員が集まり、支援本部を立ち上げるといった内容で、約150人が訓練に臨んだ。

東北電はこの日、女川原発(宮城県)でも同じ想定で訓練を実施。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン